木漏れ日が降り注ぐ階段を上がり、アンティークのドアを開けてカフェに入ると、大きな窓から自然光が差し込んできます。そんな心地のよい空間で提供するのは、素材の味を活かした繊細な味付け、食感のアクセントを追求した、一つのジャンルにこだわらないオリジナルの料理。ビーガンやオーガニックを言い訳にしない、心と身体が満足するような食べ応えのあるメニューを提案しています。とくに日替わりで提供される “TODAY’S SPECIAL”は、こだわり抜いた旬の食材をふんだんに盛り込んだイチオシメニューとなっています。

TWIGGY. WebZineでは、“TODAY’S SPECIAL”メニューをシェフのコメントと合わせてご紹介。第1回目は、シェフ・山田優が提案する「ビーガン餃子定食」「ファラフェルのプレート」です。

ビーガン餃子定食
ファラフェルプレート

comment

週明けの月曜日は、胃腸を整える“meat free monday”の料理を提供しています。TWIGGY. cafeにご来店されるお客さまは、決してビーガンの方が多いわけではありません。そんなお客さまでも、食べ応えがあり、美味しいと感じるようなメニューを考案しています。

今日の“TODAY’S SPECIAL”は、寒暖差や気候の変化が激しい梅雨時期に、身体の中から元気が出るようなメニューにしました!
まず1品目の“ビーガン餃子定食”は、大豆ミート・ネギ・しょうがを炒め“お肉感”を出し、ビーガンにも関わらずしっかりと食べ応えのある定食となっています。2品目の“ファラフェルのプレート”は、中東のソウルフード“ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)”がメインのプレートです。中東で良く使用されるスパイスは食欲増進につながり、さらに身体の中にこもった熱を外に出してくれる効果もあると言われています。

今日は梅雨時期にも関わらず、気温が高めな1日。野菜だけの食事で胃腸を整えつつ、食べ応えのあるメニューでエネルギーチャージをしてみてはいかがでしょうか。

※大豆ミート:大豆を原材料としながらお肉のような味や食感が楽しめる加工食品のこと。

大豆ミートとねぎ、しょうが、きのこを炒めた具材をつつみます
TWIGGY.屋上菜園で採れたじゃがいもをロースト
chef

山田 優(Yu Yamada)

1984年生まれ。さまざまな飲食店で勤務する中、自身の体調不良をきっかけにマクロビオティックインストラクターの資格を習得。フードコーディネートやケータリング、レシピ開発など幅広く活動。TWIGGY.caféには2016年よりMEAT FREE MONDAYのシェフとして加わり、現在は毎週月曜日と木曜日を担当している。

PICK UP