松浦美穂styleの原点

母が美容師だった影響もあり、美容は幼い頃から身近なものでした。そして私が生まれ育った頃の北九州は公害問題が深刻で、健康に意識を向けることも自然なことでした。

時が経ち、母と同じ美容師となり、東京からロンドンに移住しました。そこで植物療法のホメオパシーやフラワーレメディと出会い、ロンドン発祥のファッション、カルチャーとともに帰国後のライフスタイルにも影響を与えました。加えて出産や秘境の旅での体験により、日常の生活の中で美容や健康、地球環境への想いは強く、より具体性を持ってきています。

ヘアとサステナブルとの共存

人も自然も健やかで持続可能でなければ、美しさも豊かさも価値がなく、輝かない。私はそう思います。そんな想いを原点としてTWIGGY.はヘアスタイルと自然環境を両軸に、健やかで持続可能な美しさの実現を目指し、これまで歩んできま
した。

“人にも地球環境にも優しいこと、そしてなによりクリエイティブであること”

それは私が常に心掛けてきたことであり、大切にしているパンク精神に通じます。

cutting edgeの効いたヘアデザインを生み出すことにも、そのマインドはつながっていきます。伝統へのリスペクトを忘れず、加えるばかりでなくあえて引き算という表現を活かし、型にはまらずにデザインしていくこと。常に新しいヘアデザインを提案し、お客様を驚かせ、ともにワクワクしたいと願っています。

そんな姿勢をオープン当初から貫き、お客様の今の気分や、個性をヘアスタイルで引き出すことを意識し続けています。その中で気づいたことは、ヘアスタイルとはライフスタイルそのものであり、人の内面を映し出すものだということ。今のスタイルに溶け込むような“その人らしいヘア”を表現することをライフワークにしています。

またへアデザインを追求するのと同じくらいのエネルギーを保ちながら、人に寄り添うこと、そして同時に地球とつながっている意識を持って、お互いが“心地よくなるような取り組み”を実行していくことが必要だと考えます。美容師として経験して得たものを活かし、水を汚さないオリジナルプロダクトの開発、100%自然電力へ全館をパワーシフト、さらに国や人種を問わずすべての人が平等に医療を受けられる活動のサポートなど、よりよい未来のためにちからを尽くしてきました。

border をなくして、創造する

どんな小さなことでも、疑問を感じたら自分なりに行動を起こす。たとえ多数派の意見ではなくても自分の信念を貫いてみる。
ボーダーをなくして物事を考え、楽ではなくても創造性とユーモアの精神を忘れずに、信じた道を歩む。

人の美しさや健やかさと、豊かな自然。その両方を実現し続けるために、私はTWIGGY.というsanctuaryからメッセージを発信し、多くの人と分かち合いたいと思っています。

松浦 美穂 Miho Matsuura

美容師・ヘアメイクを経て渡英し、1990年に帰国後「TWIGGY.」を設立。
サロンワークに加え、雑誌・広告・ショーなど、ヘアアーティストとしても幅広く活動する。常にナチュラルな中に革新的な要素をテーマとして、一人ひとりのそのときの“個”をヘアスタイルで表現していくことを心がけている。
サロンから派生し、2011年には水を汚さないことを目指したオリジナルヘアケアプロダクツ「YUMEDREAMING」を発表し、2016年にオーガニックカフェを併設。また2018年夏より全館の電力を100%自然エネルギーにパワーシフトし、“健康”と“美容”と“地球環境”、そして“ファッション&カルチャー”を軸に多方面で活動の場を広げている。

PICK UP