#02 UP CYCLE - STENCIL ART
by TSUTOMU MORIYA

ステンシルアートで価値をさらにアップデート!
守矢努さんのものづくりに込める想い

もうすぐやってくるホリデーシーズン。1年の中でも特別なシーズンこそ、大切な人へ、1年がんばった自分へ、いつもより特別感のあるアイテムをセレクトしてみませんか? 今年もYUMEDREAMINGからこの時季限定のコフレが登場しました。今年のコフレは、"ソーシャルグッドプロジェクト"。アップサイクルしたバッグとポーチがノベルティのコフレやドネーションなど、新しい試みを取り入れた特別なコフレをご用意しました。

今回、スペシャルコフレのノベルティバッグのアップサイクルに協力してくださったのがステンシルアーティストの守矢努さん。ステンシルアートとは、型紙を切り抜いてスプレーやペンキで文字や絵柄をペイントする手法のこと。現在はフェスやイベントで、持ち込みのTシャツやカバン、靴などにステンシルを刷るワークショップを行っている守矢さんに、ステンシルアートを始めたきっかけや、ものづくりに込める想いについてインタビューしました!

「導かれるようにステンシルばかりやっている」ステンシルアートを始めたきっかけとは?

—ステンシルアートを始めたのはいつ頃ですか?

「もともとはグラフィックデザイナーで、CDジャケットのデザインをしていたんだけど、20年前に、東京スカパラダイスオーケストラのCDジャケットをデザインしたのがステンシルアートの始まり。メンバーの谷中敦さんが初めて作詞した作品だからいつもと違うテイストのCDジャケットを作りたいと言われて、そこで初めてステンシルアートを取り入れたんだよね」(守矢)

東京スカパラダイスオーケストラ「めくれたオレンジ」CDジャケット

「その時、僕はニューヨークに行っていて、街中にグラフィティーが溢れている自由な感じがすごく好きだった。東京にいると本にまとまった綺麗なグラフィティーしか見れないし、レベルが高いものしか載っていない。でもニューヨークの街並みには、スプレーで描いた上手なもの、下手なもの、沢山のアートが溢れている。デザインの自由さを感じて、その時に“自分が好きなものを自由に表現したい”と思ったのがきっかけだった。

ステンシルアートは、適当にちゃちゃっとやっている感じなのも好きだったし、そのテイストを自分の服にオリジナルで入れ始めて、それがブランドになったり、いろんな人が「それいいね」と評価してくれるようになって、そこからステンシルは自分の武器だと感じるようになった。グラフィックデザイナーとしては80点だけど、ステンシルアートは120点かな。気付いたら導かれるようにステンシルばかりやっているんだよね」(守矢)

ステンシル用の型は全て守矢さんが手作業で切り抜いて作っている。instagram@tsutomu_moriya

—“ステンシルといえば守矢さん“みたいに、 今では守矢さんの代名詞になっていますよね。

「15年くらいはデザインの会社をやりながらステンシルアートの活動を続けていたんだけど、コンサバティブなことばかりで、”何か変えないと”と思って会社をやめた時に東日本大震災があった。そこから社会も、人も意識がどことなく変わっていったし、震災後のチャリティーでステンシルアートのワークショップを始めたんだよね。そうしていると、 ”なんで守矢くんがステンシルを自分の表現としてやっているの?”と言われる時もある。ちょっと意地悪な感じだけどね。でもたしかに、簡単な手法だし誰でもできるものだけど、気づいたらずっとステンシルアートを続けているし、誰よりも長くやっているからモノにできているのかも。上手さやセンスは僕よりも上の人はいっぱいいるかもしれないけど、長さだったら僕が1番かなと思っている」(守矢)

ILA.ステンシルサービスという屋号で、ステンシルを刷るワークショップを行っている。instagram@tsutomu_moriya

持ち込まれたアイテムにアップサイクル! ステンシルをより身近に、自由に。

—守矢さんのワークショップは、持ち込まれたアイテムにステンシルアートをするというスタイルですが、最初からそのスタイルで活動されていたんですか?

「僕も最初は、Tシャツとかトートバッグを用意して、それを買ってもらってステンシルを刷っていたんだけど、在庫切れが起きたり、さらに余ったものは持って帰ったり、それで次に活用していかないと、とかそういう管理が大変だなって思ってた。そしたら「自分のものにステンシルやってもらっていいですか?」と言ってくる人がいて、その持ち込みしてもらったものにワンポイント1000円でステンシルを刷るっていうのをやっていたら、いつのまにかそれがどんどん確立していった。お客さんも理解してくれるようになって、自分がワークショップを開く時には、刷ってほしいものをお客さんが用意してくれるようになったんだよね」(守矢)

2022/9/17に開催されたNEW ACOUSTIC CAMPでの様子 instagram@tsutomu_moriya

—皆さんどういうものを持って来られるんですか?

「服とか帽子、鞄とか、いろんなものもってくるよ。その中で、カレーをこぼしてシミが目立つTシャツをもってきた子がいたんだよね。洗ってもとれないし、自分でワッペンしてもダサいから、守矢さんにステンシルしてもらったらかっこいいかなと思って来ました…という子がいて、そのカレーのシミのところにステンシルを刷ってあげた。そしたら一回捨てようと思ったものが素敵なものになったって、すごく喜んでくれて。ほかにも、おばあちゃんからもらったルイヴィトンのバッグを持ってきた子がいて、話を聞くと、その子が小さい時におばあちゃんがおむつ入れとかで使っていたらしくて、思い出深いものだったみたい。古いくたっとしたルイヴィトンだけど、その子とおばあちゃんのストーリーが詰まっていて、そこにステンシルを入れることでアート性が強くなって、また1つ違う味わいがプラスされたものになる。それにその子のストーリーの1部になるのもうれしかった」(守矢)

—自分のものにステンシルを刷ってもらうのって特別なアイテムに生まれ変わる気がして、より大切にしようって思えますね!

「持ち込みOKのワークショップを続けていると、”守矢さんがやってることってアップサイクルだよね”と言われたんですよね。確かにそうだなって気づかされた。新しいものばかりを買ってモチベーションをあげるだけじゃなくて、捨てずにもう1回カスタマイズしていくのもいいよなって思ったし、なんだか悪いことしてないなって思った」(守矢)

服や帽子、財布など様々なものにステンシルアートをプラスし、価値をアップデート。instagram@tsutomu_moriya

“その人”を知って、“その時間“を楽しむ。ものづくりには欠かせない、人との関わり

—守矢さんがワークショップで大切にしていることは何ですか?

「ワークショップの醍醐味って人と関わることができること。僕はしゃべるのが好きだから、1人の人と20~30分話しながらやることもある。ステンシルを刷るのは2分で終わるのに(笑)。儲けるためには効率よくやらないと、って思う人もいるけどそれだったら僕はただステンシルを刷るだけの人になるし、一方通行にすぎない接客になってしまう。それに、いずれ飽きがくると思う。僕がステンシルで長く活動を続けていけるのは、お客さんと1対1で関わっていけているから。その人を知って、その時間を楽しみながらやることが自分のものづくりには欠かせないんだって思った」(守矢)

TWIGGY.POPUPスペースでノベルティバッグにステンシルアートをしている様子.

今回のスペシャルコフレのノベルティのゴールドとホワイトのバッグは、TWIGGY.POPUPスペースで作業をしていただきました。ただ黙々とステンシルを刷るのではなく、作業中も沢山お話しをしてくださり、出来上がったステンシルアートを見ては、このスプレーのかかり方いいよね、や、ぼかし具合が面白くできた!などその時間を楽しんでいるような印象を受けました。 シンプルなゴシックのTWIGGY.ロゴと、守矢さんのテイストがマッチしたバッグに仕上がり、1つ1つデザインが異なるバッグには、守矢さんならではのアートや想いが現れています。世界に1つだけの特別なアップサイクルバッグを是非手に取ってみてはいかが?

スペシャルコフレリッチ〈ノベルティ付き〉
スペシャルコフレライト〈ノベルティ付き〉

次回は、草木染ポーチをつくっていただいたfutashiba248さんのコラムを配信します。 商品部のメンバーが実際に工房にお伺いし、草木染体験をしてきました!その様子や、futashiba248さんについてご紹介します。お楽しみに!

TSUTOMU MORIYA

守矢努

CDジャケット、アパレルなどのデザインを中心に活躍。オリジナルブランド「ILA.(アイラ)」を設立。現在はステンシルアーティストとして「アイラ ステンシルサービス」という屋号でフェスやイベントを中心にワークショップを開催している。

TWIGGY.オリジナルヘアケアプロダクト YUMEDREAMING

YUMEDREAMING

ヘアサロン TWIGGY.発の、頭皮も肌も同じ表皮という発想から生まれたヘアケアブランド<ユメドリーミン>。スキンケアと同じグレードの良質な素材を使用し、心地よさとともに結果と満足を満たすベストな処方を追い求めて、自身に宿る“輝く力”を引き立ててくれます。植物の恵みを凝縮した濃厚なエキスで、頭皮と髪を芯から整えるサロンクオリティのプロダクツです。

PICK UP